2018 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
赤ちゃんの目について
2015/02/06(Fri)
当然ですが、生まれたての赤ちゃんはよく泣きますよね。
泣くのが赤ちゃんのお仕事ですし、泣くことによって意思表示をしています。

そんな赤ちゃんですが、そういえば、泣いているのにあまり涙が出ていないと思いませんか?

生まれた直後の赤ちゃんでも、目を守るための涙は出ています。
ただ涙を作る機能が未熟なため、涙として外に流れ出るほどは出ていないのです。
さらに、脳の発達もまだ十分ではありませんので、精神的な興奮や、情緒的な感情で涙を流すということもできません。

泣いても涙が出ていない!と心配する必要はないのです。

赤ちゃんと目の関係でもう1つ、特徴的なこととして「まばたきが少ない」という現象もあります。

赤ちゃんが、じーーーーーっとこちらを見つめている…
こういう経験をした人も少なくないのではないでしょうか?

これは、赤ちゃんはまだ視力が弱く、目の焦点をあわせるのに時間がかかるためだそうです。

人は、目のピントがぼやけてしまった時、まばたきをして調整し直しています。
が、赤ちゃんはそれがすばやくできません。
それでまばたきせず、目を開いたままにしているのだそうです。

ちなみに、生後数ヵ月の乳児にはまばたきはありません。
幼児で1分間に3~13回、小児で1分間に8~18回と、段階的に増えていき…
大人の男女は1分間に15~20回ぐらいの回数になります。

目もどんどん成長していくというわけですね!

小さい頃からしっかり目のことを意識して、末永く良い状態をキープできるようにしていきたいですね♪

東京視力回復センターブログ『EYE・戦士

更新しました!

こちらもご覧ください!! →ここから

fumira_baby.gif

この記事のURL | 目・眼 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。