2018 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ドライアイとは?
2014/12/12(Fri)
皆さん『ドライアイ』という言葉は1度は耳にしたことありますよね?

今回は『ドライアイ』のことについて少しお話ししていきます。

涙の減少や成分の変化によって、結膜や角膜などの目の表面が「肌荒れ」のような状態になり、
様々な症状が現れる状態を「ドライアイ」といいます。

ドライアイには2つのタイプがあること、ご存知ですか?

それは

●涙の分泌量が減るタイプ:涙液減少型
●涙の蒸発が進みすぎるタイプ:蒸発亢進型
の2つになります。

長時間のパソコン作業・・エアコンによる乾燥・・・コンタクトレンズの長時間装着・・・
ストレスの増加・・
これらによって、最近、涙の蒸発が進み過ぎてしまう、蒸発亢進型のものが増加傾向にあります。

ドライアイでは「目が疲れる」、「目の違和感」、「目がゴロゴロする」、

「目がショボショボする」、「目が重い」など、症状の訴えは多様です。

最初から「目が乾く」と訴える人は意外に多くないとか。

悪化してくると、「目が痛い」、「目を開けていられない」などの症状が現れ、

さらには「頭が痛い」、「肩が凝る」、「気分が悪い」など、全身的な症状に進行する場合も

あるのです…

現代は、涙を乾かす要因に溢れています。

現代人は涙が減少してきている、との報告もあるほどですが・・

ドライアイの詳細な原因は不明で、複合的なものによると考えられています。

いずれにしろ、現代はパソコン、スマホは当たり前。
TVゲームなどのモニターを見続ける生活が日常的となり、それによってまばたきの回数も減り、

目が乾きがちになります。
また冷暖房や夜型のライフスタイル、ストレスの増加も、ドライアイの発症に関係していると

いわれています。

このお話は次回に続きます!



東京視力回復センターブログ『EYE・戦士

更新しました!

こちらもご覧ください!! →ここから


資料請求はこちらから
この記事のURL | 目・眼 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。