2018 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
コンタクトレンズについて
2013/02/27(Wed)
目を潤すための水分(涙)は加齢にともない減少します。
その水分をキープするはずの油分も不足気味に…。
ショボショボしたり目を開けにくい人は、まずドライアイの疑いがあります。
特に40代はドライアイが増える年代だという。

目の表面を覆っている涙の量が減り、角膜が部分的に露出して
傷つきやすい状態になるのがドライアイ。
涙の層の乱れや角膜の傷による視力の低下や、まぶしさを感じやすくなる場合もあり、
炎症の要素も加わり、悪化すると目の痛みや充血をきたすこともあるようです。

40代くらいになると 加齢によるホルモンの減少で、涙腺などの“腺組織”が萎縮し
涙が出にくくなります。
涙には油やたんぱく質なども含まれていて、特に油分は目の表面の水分蒸発を防いでいます。
しかし、加齢にともない油分を供給する“マイボーム腺”が詰まりやすくなるため、
さらに目の乾燥を招くことがあります。

最近、15年以上コンタクトレンズを使っている“ベテラン”が装用時に違和感をもつ
ケースが増えているようです。
長期間使用により角膜の表面が荒れ、目の表面の水分を正常に保てなくなり、
ドライアイを引き起こしています。
ドライアイは疲れたときに感じやすいが、老化の始まりのサインにもなるので
放置しない事が大切です。
ドライアイ対策として、目薬をさすのが一般的ですが、パソコン画面は目線より下に
なるような位置関係を心がけたり目を温めたり、適度な休憩を取るのも効果的です。

目の周囲を蒸しタオルなどで温めると、マイボーム腺から異常な油分が溶け出し、
正常な油に置き換わるため、涙の蒸発を防ぎます。
また、パソコンを使ったりテレビを見るときはフィルターの装用や、まぶたを大きく
開けない工夫をすることも大切です。
さらに、これからの季節は空気の乾燥も気になります。
濡れタオルをハンガーにかけたり、加湿器を使うのもドライアイ対策になります。

この記事のURL | 目・眼 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tsktuzuki.blog84.fc2.com/tb.php/57-426baf48

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。