2018 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ペットボトル症候群に注意!
2011/07/12(Tue)
ペットボトル症候群に注意!


暑いですね。この暑さは少なくてもここ一週間は続くみたいです。
今年は節電の夏。どうやって乗り越えるか?一人ひとりの課題ですよね?

お茶やジュースなどさまざまな種類がありますが、上手な水分補給が必要になってきます。
節電のためエアコンの使用を控えていると、冷たい飲み物をたくさん飲みたくなります。ただ、糖分の多い清涼飲料水を大量に飲み続けていると、急激に血糖値が上がる「ペットボトル症候群」に陥る危険性があります。近年、若年層を中心に患者が年々増えているみたいですが、まだ認知度は低いままです。専門家は「今年は特に夏場の水分の取り方に気をつけてほしい」と注意を呼びかけているようです。

ペットボトル症候群の正式名称は、「ソフトドリンク(清涼飲料水)・ケトーシス」。継続して大量にジュースなどの清涼飲料水を摂取することで、血糖値が上昇。血糖値を一定に保つホルモンのインスリンの働きが一時的に低下してしまうようです。

インスリンが欠乏するとブドウ糖をエネルギーとして使えなくなります。その際に「ケトン体」と呼ばれる代謝成分が増え、血液が酸性に傾きます。意識がもうろうとしたり、倦怠(けんたい)感があったりして昏睡(こんすい)状態に陥ることもあるようです。

 糖分の過剰摂取で血糖値が上がると、それを薄めようとしてさらに水分を欲して喉が渇く▽尿の回数も増える▽喉の渇きに任せてさらに甘い飲み物を飲む-という悪循環に陥ります。危険なのは夏場に中高生が部活動で水代わりに大量に清涼飲料水を飲んだり、毎日2、3リットル飲んでいたりするような場合、突然倒れることもあると警告しています。

インスリンの投与などの治療によって、症状は比較的早期に治まるケースが多い。しかし、注意が必要なのは肥満体型の人。糖尿病予備軍と呼ばれる人たちはインスリンの働きが悪く、よりリスクが高まるそうです。

 患者の多くは10~30代の男性。「人前であまりがぶ飲みしない女性より男性の方が圧倒的に多いようです。検査で血糖値が高く出た人に事情を聞くと、連日何本もペットボトル飲料を飲んでいたということです。

 ただ、ペットボトル症候群への理解はあまり高くありません。6月、海洋深層水の加工飲料水などを製造・販売する「赤穂化成」(兵庫県赤穂市)が中学生以下の子供を持つ母親533人を対象に実施した調査では、94・6%が、熱中症対策として「水分補給の必要性」を感じてはいたようですが、71・1%が「ペットボトル症候群を知らなかった」と答えていたそうです。

一般的な清涼飲料水は1リットル当たり100グラム前後の糖分が含まれていると考えられる。角砂糖1個が5グラムとすると、1リットルの清涼飲料水をがぶ飲みすると、角砂糖20個をかじっているのと同じだそうです。

 また、スポーツ飲料やフルーツ果汁の入った野菜ジュースなどにも糖分は入っており、絶えず糖分を意識して、商品の裏に付いている成分表示を確認する習慣を持ってほしい。お茶など糖分の入っていない飲み物や、ミネラルウオーターにレモンを搾るといった工夫を呼びかけているようです。

まだまだ暑い日は続きますが、体調管理に気を付けて今年の夏をうまく乗り切っていきたいものですね。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tsktuzuki.blog84.fc2.com/tb.php/13-7e261c2c

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。