東京視力回復センター 横浜都筑

大人から子供まで視力回復のトレーニング。近視、遠視、乱視、弱視、など視力低下でお悩みの方、お気軽にご相談ください。

コンタクトレンズについて

目を潤すための水分(涙)は加齢にともない減少します。
その水分をキープするはずの油分も不足気味に…。
ショボショボしたり目を開けにくい人は、まずドライアイの疑いがあります。
特に40代はドライアイが増える年代だという。

目の表面を覆っている涙の量が減り、角膜が部分的に露出して
傷つきやすい状態になるのがドライアイ。
涙の層の乱れや角膜の傷による視力の低下や、まぶしさを感じやすくなる場合もあり、
炎症の要素も加わり、悪化すると目の痛みや充血をきたすこともあるようです。

40代くらいになると 加齢によるホルモンの減少で、涙腺などの“腺組織”が萎縮し
涙が出にくくなります。
涙には油やたんぱく質なども含まれていて、特に油分は目の表面の水分蒸発を防いでいます。
しかし、加齢にともない油分を供給する“マイボーム腺”が詰まりやすくなるため、
さらに目の乾燥を招くことがあります。

最近、15年以上コンタクトレンズを使っている“ベテラン”が装用時に違和感をもつ
ケースが増えているようです。
長期間使用により角膜の表面が荒れ、目の表面の水分を正常に保てなくなり、
ドライアイを引き起こしています。
ドライアイは疲れたときに感じやすいが、老化の始まりのサインにもなるので
放置しない事が大切です。
ドライアイ対策として、目薬をさすのが一般的ですが、パソコン画面は目線より下に
なるような位置関係を心がけたり目を温めたり、適度な休憩を取るのも効果的です。

目の周囲を蒸しタオルなどで温めると、マイボーム腺から異常な油分が溶け出し、
正常な油に置き換わるため、涙の蒸発を防ぎます。
また、パソコンを使ったりテレビを見るときはフィルターの装用や、まぶたを大きく
開けない工夫をすることも大切です。
さらに、これからの季節は空気の乾燥も気になります。
濡れタオルをハンガーにかけたり、加湿器を使うのもドライアイ対策になります。

プロフィール

つづきくん

Author:つづきくん

東京視力回復センター 
都筑センター
です。
大人から子供まで、近視、
遠視、乱視、弱視、など視力で
お悩みの方、お気軽に
ご相談下さい。
ただ今、
視力回復無料体験実施中!
神奈川・横浜エリアの皆様、
お気軽に、御来所ください。

フリーダイヤル
0120-493-076

携帯からは
045-949-3955

センター地図

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
携帯からはこちら

QR

RSSリンクの表示
訪問有難うございます!

よろしければポチっと!

ブログランキング参加してます~

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ