東京視力回復センター 横浜都筑

大人から子供まで視力回復のトレーニング。近視、遠視、乱視、弱視、など視力低下でお悩みの方、お気軽にご相談ください。

皆さんは、「見える」ことの素晴らしさを、感じたことはありますか?
人間は外界からの情報の80%以上を、視覚から得ているといわれています。
しかし、日常生活のなかで「見える」という素晴らしさを意識する機会は、
それほど多くはないでしょう。

コンタクトレンズやメガネの処方などで定期的に眼科に通うことはあっても、
ほとんどの方は見え方に異変を感じたり、実際に見えなくなったりしてからでなければ、
眼科に足を運ぶことはありません。

10月10日は「目の愛護デー」

1931年に中央盲人福祉協会が「視力保存デー」として制定し、戦後、厚生省(当時)が
「目の愛護デー」に改称しました。10月10日に制定されたのは、「10 10」をそれぞれ
横に倒すと、眉と目の形になることからだそうです。


目を酷使しがちな現代社会
近年では、パソコンや大型テレビ、TVゲームなどが普及し、眼や身体に負担がかかりやすい
環境になってきたといえます。それぞれ個人が、職場や日常生活で負担がかからないような
目の使い方を意識する必要があります。

"自分の眼を見つめる"機会をつくりましょう。
眼科領域には早期発見・早期治療が重要な疾病がたくさんあります。こういった病気は、
なかなか自覚しにくい場合が多く、気付いたときには病気がかなり進行しているケースも
少なくありません。

年に1度くらいは「見える」ことの素晴らしさを感じ、目の健康状態をチェックする
機会を作ってみてはいかがでしょうか。

なにも10月10日の「目の愛護デー」にこだわる必要はありません。
「"自分の誕生月"には眼科検診を受ける」と決めておけば、忘れないかもしれませんね。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

プロフィール

つづきくん

Author:つづきくん

東京視力回復センター 
都筑センター
です。
大人から子供まで、近視、
遠視、乱視、弱視、など視力で
お悩みの方、お気軽に
ご相談下さい。
ただ今、
視力回復無料体験実施中!
神奈川・横浜エリアの皆様、
お気軽に、御来所ください。

フリーダイヤル
0120-493-076

携帯からは
045-949-3955

センター地図

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
携帯からはこちら

QR

RSSリンクの表示
訪問有難うございます!

よろしければポチっと!

ブログランキング参加してます~

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ