東京視力回復センター 横浜都筑

大人から子供まで視力回復のトレーニング。近視、遠視、乱視、弱視、など視力低下でお悩みの方、お気軽にご相談ください。

近視予防は日光の下で

日光の下で毎日2、3時間を過ごすと子どもの近眼防止に効果があると、
オーストラリア政府が助成する研究団体、オーストラリア研究会議
(Australian Research Council ・ARC)が6日、発表しました。
明るい光を2、3時間浴びることで目の成長が調整され、近視が劇的に減るというそうです。
研究リーダーのイアン・モーガン教授によると、近視は高学歴になるほど現れる問題で、
東アジアでは記録的なレベルに達しており。香港、台湾、日本、韓国、中国では近視に
悩む子どもたちが増え続けています。
シンガポールでは学業終了までに90%もの子どもたちが眼鏡を使用するようになるそうです。
モーガン教授は、オーストラリアの子どもたちでは眼鏡使用者が20%にとどまっていることから、
原因究明に興味をもったと言います。
両国の6~7歳の児童を比較した調査では、シンガポールの子どもの30%がすでに近視に
なりつつあったのに対し、オーストラリアでは近視の兆候があった子どもは、わずか1.3%でした。
両国に在住する中国系の子どもたちについても調査しましたが、結果は同様だったことから、
研究チームは民族的要素が原因となっている可能性を除いています。
一方、両国を比較して最も著しく違ったのは、屋外で過ごす時間の長さでした。
シンガポールの子どもが毎日外で過ごす時間が平均30分だったのに対し、オーストラリアの
子どもたちでは毎日平均2時間だったそうです。
また、読書やテレビを見る時間、コンピューターゲームで遊ぶ時間などは差がなかったことから、
スクリーンのちらつきが子どもの目に悪影響を与えるという説は覆された、としています。
豪政府はARCに資金提供し、視力に関する長期研究を行っているようです。


テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

プロフィール

つづきくん

Author:つづきくん

東京視力回復センター 
都筑センター
です。
大人から子供まで、近視、
遠視、乱視、弱視、など視力で
お悩みの方、お気軽に
ご相談下さい。
ただ今、
視力回復無料体験実施中!
神奈川・横浜エリアの皆様、
お気軽に、御来所ください。

フリーダイヤル
0120-493-076

携帯からは
045-949-3955

センター地図

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
携帯からはこちら

QR

RSSリンクの表示
訪問有難うございます!

よろしければポチっと!

ブログランキング参加してます~

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ